インプットをしまくってアウトプットもした2018年について

created at:

Image from Gyazo

この記事はGEEK Inc. Advent Calendar 2018の15日目の記事となります。

4回目の登場になります。マークアップ&フロントエンジニアと2歳9ヶ月の父親をやってます大山です。

年の瀬ということで毎年おなじみの今年の漢字が発表されましたね。

2018年「今年の漢字」 | 公益財団法人 日本漢字能力検定

今年は「災」とのことです。2004年のやつと被ってるじゃん! とお思いのかたもおられると思いますが

私は2018年プロレス大賞の人選をもう1回考え直して欲しいと思ってるのでそれと比較したら大したことないかもです(?)

そんな今年を「象徴する」漢字の話から派生して、今年の自分を象徴することはなにか? を何となく考えてみたところ、インプットしまくってたということでした。

ということで今回は、私のインプットとそれに伴うアウトプットの話をしようと思います。

2018年、怒涛のインプット

アドベントカレンダー初日のプレイバック・テック・2018でも触れましたが、 2018年はかなりインプット強めて、勉強会やイベント・カンファレンスに出向きました。

  • Netlify Meetup#003
  • Scrapbox SQUARE TOKYO ~開発現場の活用会議~
  • 第1回mgnアクセシビリティ公開社内勉強会
  • Scramble!#2 Security
  • UIT#5わたしたちにとってのVue.js
  • UX Cafe: チームで取り組む! サイボウズのアクセシビリティ
  • HTML5 Conference 2018
  • We Are JavaScripters! @26th
  • Vue Fes Japan 2018 Reject Conference
  • Meguro.css#4
  • CI/CD Test Night#1
  • Vue Fes Japan 2018
  • DIST.23「マークアップを止めるな!」
  • NuxtMeetup#5
  • すくすく! 子育てエンジニアMeetup#3
  • STUDIO Workshop#3 @ OHAKO
  • Netlify Meetup Tokyo#2
  • Roppongi.js#6
  • Vue.js Tokyo v-meetup#8
  • Roppongi.js#5
  • Meguro.css#2
  • We Are JavaScripters! @22nd
  • DXEL.1エンジニアとデザイナーが「いい関係」を築くために
  • HTML5 APP CONFERENCE 2018
  • さくらの勉強会フロントエンドナイト
  • Cybozu Meetupフロントエンド#2
  • 第69回HTML5とか勉強会「UIフレームワーク最前線」
  • Scrapbox Drinkup#4 Tokyo Edition
  • Nuxt Meetup#2
  • Roppongi.js#2
  • 技術書典#4
  • すくすく! 子育てエンジニアMeetUp#2
  • すくすく! 子育てエンジニアMeetUp#1

自分が見返してもやべぇなこいつとなっています。 ちなみに比較までに2017年にいってきたところは以下のとおりです。

  • JSLounge「Nuxt.jsで作るVue.jsによるweb制作ハンズオン」
  • Japan Accessibility Conference vol.1
  • さくらの夕べ「さくらインターネットのエンジニアはVue.jsをこんな風につかってます」
  • Abema TV Developer Conference 2017
  • HTML5カンファレンス2017

数で比較すると33 : 5です。

本当に何があった?? ?????

インプットしたら社内から評価されるようになった

今年とにかく数をこなしていたのですが、自分としては無理はせず単純に「興味がある」と思ったものには足を向けてみようという認識で参加していました。

ただなんとなくそういう風にしていたら、社内の中間面談でメンバーから「大山さんのインプットがはんぱない」と評価をうけるようになりました(以下抜粋)。

  • アクティブに勉強会などに参加されていて素晴らしいです。
  • お忙しい中社外での活動を積極的にされていて純粋にすごいなと思います。
  • 登壇を実現していて素晴らしいです。
  • 社内外で発信受信というアンテナ感度が高く、積極的に新しいことにチャレンジしたり、知識を深めようとしているところだけではなく、行動しているところを評価します。

数をこなすことでいろんな障壁が減る

勉強会に行ってみたいと思いながらも足が重く行きづらいなと感じている人もいると思いますが、これを解消するには、根本的な解決にはならないかもですが、何であれ参加してみるしか無いなと思っています。 ただ参加するにしても懇親会や交流といったことなどはしなくても、個人の知識や知見を得るためだけに参加するのも立派な勉強会参加だと思っております。私は自宅が千葉にある都合上、あまり遅くまで残れない問題があるのでそういったアフターパーティーには基本参加できていません。

  • 社内だけでは得られない知識・知見が豊富
  • 業界交流的なものが出来る
    • あんまり自分は積極的ではないのですが…
  • いろんな会社に遊びにいける
  • 各会社の事情が知れる
  • タダ飯・タダ酒がうまい(不純)
    • 寿司のネタだけを食べるような非人道的な行いは避けましょう

メモ帳として大活躍、Scrapbox

scrapbox logo

勉強会などで参加すると、資料が公開されたりもしますが、現場でしか聞けないことはメモしたりすることもあります。テキストエディタやTwitterなどのSNSに発信するのもありますが私はScrapboxを使ってメモを取っています。 Scrapboxでメモを取るメリットして以下のようなことがあります。

  • スピード感をもって記述できる
    • 長文ではなく短文や単語区切りで書ける
    • NuxtMeetup#05のメモ例。コードの自動分割→これが足かせになった→CommonChankPlugin→vendor.{hash_id}.js…という感じで単語区切りで段落落ちして記述している
      • そもそもScrapboxを使って書き慣れているのがありますが
  • リンクがあるとインクリメンタル検索みたいに関連Wordがでてくる
    • kubernetesと打つ時にScrapboxのリンク記述を使うとすでにページとして登録していればインクリメンタル検索のように「kubernetes」がすぐ出てくる
  • まとめた分が1つのドキュメントとしてすぐに公開できる
    • ブログ枠で参加する時、勉強会が終わったらそれを公開することも可能に

是非みなさんもScrapboxでメモってみてください。かなり捗るようになると思います。

インプットしまくった分、アウトプットもした

とにかく出向いては吸収しまくり出向いては吸収しまくりを繰り返していましたが、インプットしまくるとどうなるかというとアウトプットする機会も次第に増えてきます

社内Slackで共有

Image from Gyazo

社内Slackチェンネルにて勉強会参加してきた旨を報告・メモを公開

参加したあとの翌日であれば基本的にはScrapboxでまとめたドキュメントを社内のScrapboxでもコピーして共有するようにしています。 自分のScrapboxで共有していないのは、社内のものであればメンバーが質問したり感想を書いてくれることもあるからです。

Image from Gyazo

子育てエンジニアMeetUpのメモにディレクターの塚田パパがコメントしてもらっている図

社内勉強会も実施

特に社内で取り組んでいきたいことは言語化するだけでなく、直接に使ってもらう・知ってもらうことで啓蒙を行っていました。

勉強会で登壇

いままで勉強会を聴講するだけだったのですが、勢いにまかせて2018年11月に3本出ました。

  • すくすく! 子育てエンジニアMeetup#3
  • Meguro.css#4
  • We Are JavaScripters! @26th

登壇、昔こそ「そんな恐れ多いことができるのか…」と思っていたのですが、意外となんとかなるもんです。

「意外となんとかなる」と思っていたのは様々な勉強会に参加してみて発表者の内容や、勉強会の空気感として初心者もウェルカムなものであれば、やってみるのもそこまで怖くないのかなと思うようになったからです。

自分の知識を再確認・ブラッシュアップする分では大いにアリですし、発表は勢いやお酒の力とかでなんとかなるというのもあります。実際、資料を一本まとめることができることが重要だと思っているので、発表は後付みたいなところはあります。

技術書典#5でサークル参加

Image from Gyazo

これもおさらいみたいな感じですが、技術書典#5ではサークル側として参加しました。

登壇とも同じことが言えるのですが、アウトプットの形として一冊の本として出すのはそれなりのインプットをしていることが前提になっています。その結果、自分にとっても揺るぎない1つの知識であることが裏付けされるので、本にしろブログにしろ人に伝えるにしろ、何をどこまで理解しているかを文章化するのは大事な気がしています。

おわりに

ということで、私の2018年は

  • インプットに始まり
  • アウトプットも時折あり
  • インプットに終わる

というような1年だったような気がします。

特にそれを目標としていたわけではなかったのですが、来年もスキあらばいろんな勉強会やMeetUp、カンファレンスに参加してみたいと思っています。会場やタイムラインなどでお見受けしましたらその時は何卒よろしくお願いいたします(何を?)

以上、15日目の記事でした。次回はECチーム飯塚さんになります。

アーカイブ一覧へ戻る

アーカイブ記事のため、内容に関する更新依頼は受け付けておりませんが、誤字や脱字などありましたらご連絡ください。

この記事に関する修正依頼
トップページに戻る