初心者にGit教える時に必要最低限のCUIコマンド

created at:

前提条件

ガチ初心者でGitの操作をCUIで学ぶため、基本 1人でmasterで作業する という「いやお前それGit管理じゃないだろそれ」という前提でやってもらます。いいんだよ細かいのはこれから学んでいけば。

作業前にリポジトリとかはどこかで作って置いたほうがよい(Github、Bitbucket、backlogなど)。

必要なコマンド群

リポジトリのクローン ... Gitを使う設定

git clone https://xxxxxxxx/xxxx.git

※この時もしかしたらログインIDやパスワード聞かれるかもだが、気にせず入力してください

作業ファイル全追加 ... 作業したファイルを保存

git add -A

コミットメッセージ ... 何の作業をしたかの記録

git commit -m "commit message"

プッシュ ... サーバーにアップする

git push

プル ... 人が作業した分を同期・ダウンロード

git pull

右のはあくまでもそうした意味ではなく、イメージ。だいたいこれで足りる。自分は足りた。

cloneした後に「作業 → add → commit → push」を基本ローテーションとして作業。

必要に応じて他の初心者を入れて同様に作業させて、pullを理解してもらう。コンフリクト起こしたら、その時は都度修正、コミットなどしてくれ。

基本の骨組みはこのイメージでいいのではないか

実際Gitは様々なコマンドがあったりフローが存在して、いわゆる「ちゃんと理解できたらちゃんと使える」代物とも言われてるので、使いこなすにはある程度知識や経験が伴う。

とはいえ自分がやってきた中では基本このイメージさえできていれば、後はそれに付随する肉付きをしていけばいいんじゃないかと思っている。

たとえば 作業でpushまでしたけど実は違ったものが最新になっていたのでそれを直す というのがあった際に、上記コマンドであれば作業後に再びadd、commit、pushなどをする一連の流れがあるわけだが、そのままだと煩雑なコミットログになりかねない(別に慣れる間であれば気にしなくて良いのだが)

そのためにGit revertだったりresetだったりcheckoutというコマンドが調べて出てくるのだが、そうした時に学んでいけばいいんじゃないかとは思う。

それなりに親切なGit

あとGitは丁寧なので、たとえば新しくブランチを切って作業して何も考えずadd、commitしてpushすると「リモートにそんな追従ブランチねーよ」と教えてくれて以下のコマンドを提示してくれます。

git push --set-upstream origin branch

アメリカ語だけど頑張って訳せばそれなりにちゃんと教えてくれてるんだというのがわかる。なので極端に怖がらなくてよいのだ。

極端な言い方をさせてもらえば、 やり方次第でなんとかなる のがGitである。

Git教育について知見が欲しい

ウチではこうやってるよ的なのを募集しています。

こちらからは以上です。

アーカイブ一覧へ戻る

アーカイブ記事のため、内容に関する更新依頼は受け付けておりませんが、誤字や脱字などありましたらご連絡ください。

この記事に関する修正依頼
トップページに戻る