.DS_Store以外の隠しファイルを.gitignoreするやり方

created at:

小ネタ。

きっかけ

会社の作業用macのHDDが圧迫してきたのでSSD拡張を導入しました。こちらに作業ディレクトリなどを移管して作業していたのですが、ファイルを作成する毎に隠しファイルが生成されるという事態に遭遇。

例えばdist/以下にconfig.jsonなるファイルを作成したとします。その時にgit statusで管理ファイルを確認すると、、、

Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)

    dist/config.json
    dist/._config.json

と、上記のように隠しファイル版のconfig.jsonまで作成されてしまうことがあります。

ターミナルコマンドとか.gitignore_globalなどで.DS_Storeは消せる、管理しないのはあるのですが._始まりのファイルの制御ができなくてしんどかったです。いちいち消すのも面倒くさい…

解決策

以下を設定(できれば.gitignore_globalが良い)

._*.*

改めてステータスを確認

git status
Untracked files:
  (use "git add <file>..." to include in what will be committed)

    dist/config.json

やったぜ。

留意点

いわずもがなですが、あくまでGit管理下から見えなくしているだけなので、ファイル自体は残ってます。要らなかったらそこは各自コマンドなりアプリなりで消しておいてください。

アーカイブ一覧へ戻る

アーカイブ記事のため、内容に関する更新依頼は受け付けておりませんが、誤字や脱字などありましたらご連絡ください。

この記事に関する修正依頼
トップページに戻る